空調施工の現場

ビル用マルチエアコンなどの大型空調機では、ひとつの室外機に複数の室内機をつなぐために冷媒配管を分岐させるということがよくあります。この分岐を行う際に一般的な接続方式が、ロウ付け作業です。

課題

ロウ付けには次のような課題があります。

前加工作業が必要

現場に入る前に、分岐管を加工しておく必要があります。(端部の切断・面取り)

現場での防炎養生作業が必要

火を使うため、防炎シートや、消火器、消火用のバケツを準備する必要があります。

熟練職人の減少

ロウ付けは、経験や技術力を必要とする作業です。そのため、若手の職人は少なく、熟練の職人に頼ることになります。
ところが、熟練職人も高齢化が進んでいるため、少ない人数で複数の現場を回していく必要があります。

火気使用禁止物件の増加

火災のリスクを避けるために、現場での火気使用を禁止する現場が増えています。
そうした現場では、事前に冷媒配管をロウ付けしてから現場に持ち込んで作業することもあります。

解決

ロウ付けの代わりにプレジョイントシステムを採用すれば、こういった課題を解決できます。

プレジョイントシステムには、次のような特長があります。

作業が簡単

継手と分岐管をスパナで締めるだけで接続できるため、熟練の職人がいなくても、誰でも簡単に作業できます。

火を使わないから、安全

継手で接続するだけなので、火を使わず安全です。火気使用禁止物件での作業も、問題なく進められます。

工数の大幅削減、作業効率の向上

前加工作業も防炎養生作業もロウ付け作業も不要です。さらに、ロウ付け後に必要だった冷却作業も不要になります。
作業が簡単なので、少人数でも効率よく作業できます。

ポイント

ロウ付けなど、技術が必要な作業には経験が求められます。しかし、熟練の職人が減少している現在、誰でも簡単に工事を進められることが求められるようになってきました。

プレジョイントシステムは、現場のこうした課題を解決するアイテムです。

【詳しくはこちら】

オーケー器材株式会社