空調施工の現場

パッケージエアコンの室内機のドレン配管は「鳥居」構造で施工されることが一般的です。
鳥居配管とは、障害物を避けて凸型に配管することを言います。鳥居配管の施工性の向上、施工時間の短縮はどうすれば実現できるでしょうか。

課題

課題

鳥居配管は配管の接着箇所が多く、時間がかかる施工のひとつでした。

接着箇所が多いとエルボ配管・継手が多数必要になります。

もちろん、必要な配管の長さもまちまちなので、配管のカットにも時間がかかります。

解決

鳥居配管工事を少しでもかんたんにしたい方へオススメなのが「工速ドレンホース」

オーケー器材の工速ドレンホースは3つのポイントがあります。

解決

施工しやすいフレキホース

継手とホースが一体化しているため、ホース部分は自在な施工が可能です。

視認性に優れた透明継手

継手部分は透明になっているので、流水確認もかんたんです。

エルボの脱着がワンタッチ

ソケット部単体で接着後、継手をワンタッチで接続可能です。

その名のとおり「工事が速い」ドレンホースとして空調工事現場で多く活用されています。

省施工ポイント

  • 透明継手によりドレン水の確認がかんたんになった
  • ソケット方式なので接着時の施工がかんたんになった
  • 接着箇所が2箇所で済み、水漏れのリスクが低減された
  • 施工時間が短縮された